ハルのブログ

進んだり、戻ったり、立ち止まったり…吹き飛ばされたり

過去を振り返らない?

作成途中のブログが、更に溜まり、大変な事になっております、私の「記事管理」😨


いっそ、全て、消してしまえば…

放置してるから、いつまでもそこにあるねん。←私がよく次男に言う小言。


期限切れっぽい物をいくつか消したら、少し楽になりましたが、残りをどうしたものか…(一定時間、経過したら、消えてくれたら良いのに😁とか思ってたりしてます)


不穏がベースのこの街での生活。

街自体は穏やかで、本当に居心地が良く、「次男があっち(我が家)へ帰れば良いのに」と思う事もしばしば。


今月、近くにお気に入りのファーストフード店がオープンし、尚更です。


監視のない生活。

それが、如何に幸せな事か…。

次男を監視しに来てる私ですが、だからこそ、思うのです。


「監視されない生活」を棄ててまで、なんで、その生活を選ぶんだろう🌀


大した「生活」ではないです。

最低限、すべき事をするだけ。

しかも、しようと思えばできる事ばかり。


日曜日、朝から褒め、おだてて、一室(ワンルーム)の床を全面、水拭きさせました。


「あぁ、こっち(私のテリトリー)が酷いからねぇ」(アホか)

「うわぁ、これは酷い」(何が?)

「なんや、このベタベタ」(しません!)

「くっさー」(臭くありません!)

「うわぁー、ぬるぬるする」(しません!)


ひとりでブツクサ、ふざけながら半面(私のテリトリー)拭き、

「ほら、汚れてへんやん!」

と、雑巾を見せに来る次男。


「アホか、汚いんは、そっち(次男のテリトリー)や。ボケっ😤」


「汚くない!」と言い張りながら、

「なんで、オレが…」(オマエの家ぢゃ、ボケ)

「あー、膝が痛い」

「あー、明日、仕事に行かれへん」

ボヤキながら、拭き続け、雑巾を見て沈黙、雑巾を洗い、

「汚れてへんやんか」


「キッチンのトコも!脱衣場もやで!😤」


「はぁ…なんで、オレばっかり」


ボヤキが嘆きに変わった頃、

「入り口(玄関口)が、一番汚かったわ」


たぶん、『自分のテリトリーよりも汚れていた=自分のテリトリーは汚れていなかった』と言いたかったのだろうが、


「当たり前やろ! 一番、外の汚れが入るトコやろ。毎日、拭け! トイレの床は?」


「拭いた😁」(良しっ!👌)


雑巾は絞ったまま放置たったけれど、バケツは洗い、一仕事終えた満足感か、自分のテリトリーにゴロンと寛ぎ、

「疲れたわぁー。ホント、よく、あれだけ汚せるわぁ」と、私のテリトリーをチラ見する次男。


一発、軽シバキ👋パシッ


「なんで、掃除してシバかれるねん。ホント、納得行かんわぁ😜💦」


で、更に軽シバキ、一発👋パシッ


次回、訪問した時、この床は維持されていないだろうけど、あのままよりは綺麗な床である…はず。

分からん。

時々、何でやねん👋バシッ な汚し方してるからなぁ😢


今夜、トイレ掃除を見届けて、明日、帰ります😞💨ヤレヤレ🍀